本文へ移動

遺言は、公正証書で!

1 相続の悩み…


 相続のことでお悩みではありませんか。
 同じ法律上の相続人(法定相続人)といっても、老後の面倒、介護まで引き受けてくれる身近で大切な人もいれば、縁の薄くなってしまった人もあるでしょう。人によっては、名前もよく知らず、会ったこともないような親戚や、いろいろないきさつで気まずい仲になってしまった人が法定相続人になってしまうケースもあります。
 
 普段仲良く付き合っている子どもたちが相続人となるケースではどうでしょうか。
 
 親と同居している子は、住んでいる不動産を自分が受け継ぐのが当然… と思うのが普通、でも、同居していない子だって、同居しているかどうかにかかわらず、親の財産を子らが平等に受け継ぐの当然だと思っているかもしれません。
 
 自分の家族に限って相続争いなど起きるわけがないとおっしゃる方も多いのですが、家族のあり方も、親が存命のときとそうでないときとでは大きく変わってしまうかもしれません。

2 もし遺言がないと…?

 亡くなられた後、 もし遺言がなければ 、法律上、同一順位の相続人である限りは、同居や介護などの事情に関係なく、 他の相続人と 均等に 財産を相続する というのが原則です。
 
 また、亡くなられた後、 もし遺言がなければ 、相続財産については、たとえその一部であったとしても、法律上 相続権のある人全員の同意 が得られない限り、名義を変更したり、預金を払い戻したりできなくなってしまいます。
 
 特に争いの種になるようなことはないという場合でも、被相続人の死後、相続人がいちから話合いをし、遺産分割協議をまとめ、名義変更の手続きをとるのは大変面倒なことです。
 
 もともと争いの種などなかったはずなのに、遺産分割協議のため、いちから話し合いをしているうちに、ちょっとしたことから、感情的な行き違いが生じてしまい、それがもとで、最高裁まで争う深刻な訴訟沙汰になってしまったなどということも良く耳にします。

3 遺言公正証書の重大なメリットに注目!

しかし、 遺言をしておけば 、 その遺言の中で 原則として自由
法定相続分と異なる財産の配分をすること
特定の相続人に特定の財産を相続させること
相続人ではない人に財産を遺贈すること
などが可能となります。
 
 遺言によって親が指針を示しておくことにより、紛争を未然に防止できるという効果も期待できるでしょう。
 
 そして、遺言によって特定の財産を相続した人が、名義変更、払い戻しなどの手続きをとる場合にも、遺言特に遺言公正証書があれば、他の相続人の同意が不要となるなど格段に有利な取扱いを受けることができます。
 
 しかし、原則として自由に遺言で相続の内容を決めることができるといっても、ケースによっては、法律上の制約を受けることがあります。
 公的な立場にある法律の専門家である公証人に御相談いただければ、 法律上の制約などについて正しく理解しながら、ご自分の意思を遺言公正証書に適切に反映することができます。
 遺言公正証書を作る場合、公証人の面前で手続を行うことが必要、証人二人(公証役場で紹介可能)の立会が必要など厳格なルールがあります。これは、一見面倒とも思われがちですが、いったん厳格な手続きで公正証書が作成されれば、後になって効力が争われることはまれで、万一 争われても法律の専門家が作った公正証書の信用力は絶大です。裁判所で検認を受けるといった手続きも不要です。
 出来上がった公正証書の原本は、公証役場で厳重に保管された上、公証人会で集中的にバックアップの措置も施されますので、この点も安心です。
 公正証書で遺言をすること、これをぜひ御検討ください!

4 遺言公正証書作成の手数料について

 本ホームページ「手数料について」を御参照ください。具体例に即した説明があります。
 
 公正証書作成手数料は高いという話が世間に流布している感があります。誤解が多いように感じます。お問合せいただいた結果、思っていたよりも安かったという感想を持たれる方が多いように思われます。
 
 手数料は、公証人手数料令という政令で定められた基準により算定されます。当然のことですが、事前の見積もりもなく、法外な金額がいきなり請求されるなど不透明なことは一切ありません 。事前に十分ご確認の上、作成を依頼されるかどうかご判断いただきたいと思います。また、手数料の算定根拠に疑問がある場合は、公証人または書記に御確認ください。
 当公証センターでは、来訪されるすべてのお客様に懇切で丁寧な対応ができるよう誠心誠意つとめております。
  ですが、スタッフの人数にも限りがあるため、お客様の集中等により、来訪されるすべてのお客様に十分な対応ができなくなってしまう心配が常にあります。
 来訪される前に、あらかじめお電話等でお問合せいただきたく、お願い申し上げます。
 
横浜駅西口公証センター
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-5-10 東京建物横浜ビル4階
TEL.045-311-6907
FAX.045-311-0660
 yokohamanotary@sunny.ocn.   ne.jp
受付時間:平日午前9時~午後5時
1.各種公正証書の作成
2.遺言・任意後見・尊厳死宣言等
3.離婚給付 債務承認弁済 金銭消費賃借等
4.不動産賃貸借契約 離婚給付
5.会社法人定款認証・各種文章の認証
6.その他の確定日付公証業務全般
TOPへ戻る